読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村だけど山下和仁

実は、オリゴ糖は乳酸菌の増殖を助ける成分として注目の存在となっています。
http://rtcewfemneahii5e5r.hatenablog.com/



実際の話、オリゴ糖を加えられた乳酸菌のはたらきはアクティブになり、内臓、悪玉菌が増えるのを阻害し、腸内環境を正常な状態に近づけてくれます。

乳酸菌とオリゴ糖は双方とも腸の機能改善や健康増進には必須な成分だと主張する事ができます。


私には乳酸菌サプリと言えば、やはりビオフェルミンです。


小さい頃から知られていたサプリであり、下痢だったり便秘だったりはたまた腹痛だったりした時も、変わることなく私のオナカを労わり続けてくれました。CMで「人には人の乳酸菌」と流れていますが、私にとってみれば効果がある乳酸菌サプリは、やはりビオフェルミンなのです。
乳酸菌を過剰に摂取し立としても副作用を心配することはありません。ところが、立とえ身体に良くてもヨーグルト等で多く摂取し過ぎてしまうと、カロリーオーバーとなる可能性もあります。実際、吸収できる量には限りがございますので、常識的な範囲を守っておくと大丈夫でしょう。

あとピーにいいと言われている入浴剤を試用品として貰いました。



どんな商品でも沿うですが、試してみないと判断できないものです。


その入浴剤はとても皮膚に馴染んで、自分に合う感じでした。しびれるような感じもありませんし、肌が引っ張られるような感じもなくて、潤いをよく保ちます。


最近は毎年恒例のように寒くなるとインフルエンザにかかる人が続出しています。
年々予防注射を実施する人も増えていますが、都市部ではとても多くの人がかかているのが現状です。
実際の感染の原因は色々考えられますが、通勤中の電車や街中、職場など、多数と接触する場所で感染することが考えられます。息子がインフルエンザにならないための接種に通院しました。私は注射の瞬間は怖くて視認できないのに、6歳ながら、注射の針を視認して注射を接種しています。予防接種の後は怖かったーと表現していました。
見ているからさらに怖いんじゃないかな?と睨みましたが、何も口できませんでした。私はずっと先天性のあとピー性皮膚炎を持っており、幼い頃は、「虐待でもされてる?」と心配される程、すごく痛ましい姿でした。多様な治療法をやっても、殆ど、効果がなかったのに、別の場所に引っ越し立ところ、信じられな幾らい肌がキレイになり、痒みも消えました。



思い切って住環境を変えるのも、あとピーに効果的かも知れません。


赤ん坊がインフルエンザをうつされたら、殊の外大変なことになりかねません。まだ体力が未熟な赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に、体力がついていけるかが不安ですし、インフルエンザで天国にいくことも可能性が有るでしょう。

インフルエンザが蔓延している時には、連れて出ない方が確実かも知れません。